どこに依頼するか

注文住宅を建てる場合、どこに依頼するかによっても、全体的な費用は変わってきます。注文住宅を依頼する場合、ハウスメーカー、工務店、設計事務所、などいくつかの選択肢があります。

どこに依頼するかは、人により向き不向きがありますので、ライフスタイルや予算、家に対する考え方なども考慮して決めていく事になります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

ハウスメーカーは一見安心できるイメージですが、注文住宅と言っても仕様に制限があると、自分の希望を100%叶える事ができません。仕様内で収まれば費用も安く済みますが、仕様外になるほどどんどん高額になってしまいます。その点工務店は仕様制限がないので、理想を叶える事ができます。設計事務所は一からデザインを考えてもらえる一方で、設計のプロが携わるため、高額の「設計監理料」が必要です。

家をデザインするという意味で比較すると、自由にデザインできるのは設計事務所です。ハウスメーカーはある程度規格が決まっているので、100%自由設計はできません。工務店には仕様の制限はありませんが、使用する素材にこだわる傾向があって、100%希望を取り入れてもらう事が難しくなる場合もあります。

これだけを比較してもそれぞれにメリットとデメリットがある事がわかります。どこに依頼するか決める場合は、じっくり検討が必要です。

 

注文住宅の種類

注文住宅と言っても実際にはいろいろな種類があります。ここはある程度希望を取り入れる事ができますが、どんな種類の家を建てるか、によっても費用や完成までの時間は変わってきます。

注文住宅の種類については、一戸建てという印象が強いですが、これ以外にも二世帯住宅、店舗を併設した住宅、賃貸を併設した住宅、高齢者や障害者向け住宅などがあります。ピアノを弾いたり楽器を演奏したりする場合は、防音設備が整った防音室を取り入れた住宅というのもあります。

注文住宅は建売を買うよりも若干費用が高く付きますが、二世帯住宅にもさらに種類があります。2つの世帯が1つの家で暮らす場合、お風呂やトイレ、キッチンを共有すれば、設備費用は1つで済みますが、完全に分ける場合は、2つの設備が必要になり、その分費用がかかります。同居か完全に別々かにより、同じ二世帯住宅でもかなり違いが生じます。

店舗を併設する場合は、生活する場所と、商売をする場所をそれぞれ造ります。職種にもよりますが、専門的な設備や装置が必要になればその費用もかかりますし、設備に必要な配管工事などさらに費用がかかります。この場合家とは別に、仕事場として使う分の費用を用意しなければいけません。

高齢者や障害者住宅は、安全性を重視して行きますので、全ての場所に安全を取り入れます。こだわりが多くなるほど費用がかかる事になります。