注文住宅の基礎知識

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を買うと決めた場合、分譲住宅を購入したり、注文住宅を建てる方法があります。最近では昔のように全く同じ外観の建物がズラッと並んでいるような分譲住宅は少なくなってきていて、ポラスの住宅のように、デザイン性の高いオリジナリティ溢れた物件が増えてきています。注文住宅を建てる時間的余裕がない方や経済的な事情がある方でも、こだわりの物件を見つけられる可能性はあります。

ですが、やはり一生ものの買い物です。注文住宅にこだわりたいという人は沢山いるでしょう。多少費用はかかりますが、一生涯にわたり暮らす事になる家は、住みやすい事も大切です。注文住宅を選ぶ時に知っておくと役立つ基礎知識を紹介します。

理想の家まず気になるのが注文住宅にかかる費用です。これは地域による違いや、建物の構造、敷地面積などによっても変わってきますが、構造による違いはかなり大きくなります。木造は最も安く、次に鉄骨構造、RC構造とだんだん費用は高くなっていきます。

費用を考える時、不動産屋やハウスメーカーでは、「本体価格」という表示を見かける事があります。業者によって設定は異なりますが、本体価格というのは注文住宅全体ではなく、建物だけの価格となります。従って本体価格には、給排水工事や電気工事、ガス工事など家を建てる時に欠かせない工事の費用は含まれていません。

注文住宅を建てるには土地が必要です。このため土地代は家とは別にかかります。希望通りの広さの土地があっても、地震や災害にあった時の事を考えた場合、安全である事が重要ですから、土地探しは慎重さが必要です。

注文住宅にもいろいろな選択肢がありますが、オーダー通りに家を設計していくので、「設計料」というのがかかります。設計料は業者によって異なりますが、必ずかかる費用です。注文住宅は家と土地、家を建てる費用以外にも諸費用がかかります。仲介手数料や登記手続き、引越し費用など意外とお金がかかってしまいます。


関連記事

Top