どこに依頼するか

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

注文住宅を建てる場合、どこに依頼するかによっても、全体的な費用は変わってきます。注文住宅を依頼する場合、ハウスメーカー、工務店、設計事務所、などいくつかの選択肢があります。

お金かかるどこに依頼するかは、人により向き不向きがありますので、ライフスタイルや予算、家に対する考え方なども考慮して決めていく事になります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

ハウスメーカーは一見安心できるイメージですが、注文住宅と言っても仕様に制限があると、自分の希望を100%叶える事ができません。仕様内で収まれば費用も安く済みますが、仕様外になるほどどんどん高額になってしまいます。その点工務店は仕様制限がないので、理想を叶える事ができます。設計事務所は一からデザインを考えてもらえる一方で、設計のプロが携わるため、高額の「設計監理料」が必要です。

家をデザインするという意味で比較すると、自由にデザインできるのは設計事務所です。ハウスメーカーはある程度規格が決まっているので、100%自由設計はできません。工務店には仕様の制限はありませんが、使用する素材にこだわる傾向があって、100%希望を取り入れてもらう事が難しくなる場合もあります

これだけを比較してもそれぞれにメリットとデメリットがある事がわかります。どこに依頼するか決める場合は、じっくり検討が必要です。


関連記事

Top